精神科作業療法について

作業療法とは?

 英語では「Occupational Therapy」といい、OTと略されることが多いです。
病気によって生活の能力や楽しみを失ってしまいがちな方に対して、仕事や身の回りの事、余暇活動など日常における作業を通じて、その人らしい生活を送っていただけるように支援していくための治療です。

当院の作業療法(OT活動)

  • 病棟でのOT活動を基本として、看護師と共に二人三脚でおこなっています。
  • 決まった時間におこなう事で規則正しい生活習慣を作ります。
  • 集団療法を中心におこない他者と同じ輪の中で活動することで人と交流する事の大切さを感じることができます。
  • 楽しみながら参加する事や集中して取り組むことで、気分転換やストレスの発散、精神症状の安定、趣味の拡大につながります。
  • ARP(アルコールリハビリテーションプログラム)
    アルコール依存症の方に対しては別のプログラムをおこないます。当院の治療方針としては断酒以外にはないということで、断酒会に繋がるプログラムをおこなっています。

具体的な作業内容

創作活動

  • 貼り絵で作るカレンダー

スポーツ

  • 卓球、バトミントンetc

レクリエーション

  • 歌や体操、ゲームを取り入れた活動

月1回の行事

  • 病院全体の行事として、毎月の演芸会や季節に合わせた行事に取り組みます。病棟単位での発表の場となるので、自己表出の機会となっています。

お気軽にお問い合わせください。093-481-1281受付時間 9:00-18:00
[土/日/祝日除く]

メールでの
お問い合わせはこちら
お気軽にお問い合わせください。